Japan

ASDF F-35 fighter makes emergency landing at Hakodate Airport

An Air Self-Defense Force F-35A state-of-the-art stealth fighter made an emergency landing at Hakodate Airport in the northernmost Japan prefecture…

Read More »

We try the Starbucks drinks that are only available at two stores in Japan

Are these exclusive beverages worth the trip out to get them? Starbucks has been enticing us back to their stores…

Read More »

村民も歓迎するドローン配送「小菅モデル」の価値–セイノーとエアロネクストが挑む新物流

 山梨県小菅村で4月末に始まったドローン配送サービスが、11月1日から有償サービスとしてローンチした。これは、物流大手でラストワンマイルの課題解決に向けたサービスを手がけるセイノーホールディングスと、ドローンスタートアップでドローン活用も含めたデリバリ市場の拡大を図るエアロネクストが、協働して構築している「SkyHub(スカイハブ)」の一環だ。  小菅村におけるドローン配送の実態、過疎地域における新しい物流のしくみであるSkyHubの全容に迫った。 小菅村を壮大な社会実験の場に  山梨県小菅村は、東京から約2時間のところにある、人口約700人の限界集落だ。  過疎化、高齢化が進んだ村内に、いまや商店はたったの一つ。おむつ、離乳食、子供用のお菓子やアイスクリームなどは売っていない。村民は、週末に片道約40分かけて隣の大月市や都留市にあるスーパーまで、食料品や日用品の買い出しに行くのが日常だという。  しかし、食パンなどの日持ちしないものは、毎日子どもが食べたいと言っても我慢を強いることになる。週末の買い出し前に、生鮮食品や野菜などの食材が切れてしまうことも悩みの種だ。  また、車を持たない高齢者などは、村内を回る移動販売車を利用するが、品揃えが限られるうえに、お肉などは冷凍でやや割高。あとの頼みの綱は、週に一度の生協だ。 小菅村の課題  少子高齢化、買い物難民、医療難民の課題が浮き彫りになっていた小菅村で、セイノーとエアロネクストは4月、ドローン配送を含む新しい物流のしくみとなるSkyHubの構築に乗り出した。  小菅村を舞台に壮大な社会実験を行うことで、小菅村が抱える課題解決はもちろん、同時にセイノーが取り組む次世代の物流のあり方の模索、エアロネクストが取り組むドローン配送の社会実装の加速を狙った。  セイノーとエアロネクストの目下の目標は、「小菅モデル」の構築。そして次に、小菅モデルを日本全国に817ある過疎地域に展開することで、日本の地域社会のQuality of Life(QOL)を向上することだ。まずはこの半年間、SkyHubをプロダクトマーケットフィットでリリースし、ユーザーの反響からサービスとしての磨き込みを続けてきた。 SkyHub、当初の狙いと進捗  SkyHub構想中、狙ったポイントは二つだった。一つは、積載量が少なく赤字路線となっている小菅村への物流を「共同配送」に切り替えていくことで、物流の効率化を図ること。もう一つは、小菅村に届く荷物を集約して仕分けする“一時預かり所”とドローン配送の出発地点を兼ねる「ドローンデポ」を設立して、村内個宅配送の効率化を図ることだ。  ドローン配送は、あくまでも村内配送の一つの手段という位置付け。ドローンデポと対になる、ドローン配送の着陸地点「ドローンスタンド」を村内に八つある集落に1カ所ずつ設置して、ドローン配送の定期運航確立を目指した。  とはいえ、SkyHub構想において、ドローン配送は必要不可欠な要素だったという。ドローンという新しい配送手段を物流システムにインストールするからこそ、ドローンデポという新たな“荷物のハブ”の必要性が成立するというのだ。 「ドローンデポ 小菅村 橋立」…

Read More »

U.K.’s Facebook-Giphy smackdown is an omen for Big Tech

For years, Facebook and other large technology companies grew into vast digital conglomerates by making so-called killer acquisitions, small deals…

Read More »

The adorable Pikachu cushion we want anyway comes with 50 free real-world donuts

Pokémon and Mister Donut lucky bags continue to be a sure thing for fans of the series and sweets. Donuts…

Read More »

サンドバッグを使う本格トレーニングが自宅でも、スマートなグローブでパンチ力を計測

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックでステイホームを強いられ、運動不足に陥る人が増えた。その対策としては、自宅でしっかりトレーニングすることが大切だ。  そこで今回は、運動の成果を計測可能な家庭向けサンドバッグ「Boxx」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。 サンドバッグでトレーニング(出典:Kickstarter)  Boxxは、天井などからつり下げるのではなく、床に置いて使う自立型のサンドバッグ。付属のセンサーをグローブに取りつけることで、パンチ力などを計測できる。センサーはBluetoothでスマートフォンと連携し、専用アプリに各種データを送信する。 自宅でも本格トレーニング(出典:Kickstarter) グローブに入れるセンサーで計測(出典:Kickstarter)  パンチの速度や力、方向などは、アプリで確認可能。アプリには、ボクシング練習メニューだけでなく、ヨガやストレッチなど、多種多様なトレーニングが用意されていて、自分のレベルや目的に合わせて運動できる。ジムにあるサンドバッグを使ってトレーニングする場合は、センサーだけを持って行けばよい。 アプリの各種トレーニングメニュー(出典:Kickstarter)  Boxxのサイズは、直径が52cm、高さが175cm。使用しない場合は、高さを少し低くできる。重さは18kgで、最大195kgまで増やせる。底面には車輪が設けられており、動かす際に持ち上げずに済む。 床に置いて使う自立型(出典:Kickstarter) 持ち上げずに動かせる(出典:Kickstarter)  Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月10日まで。記事執筆時点(日本時間12月3日17時)でキャンペーン期間は6日残っているが、すでに目標金額1万ポンド(約150万円)の16倍近い約15万9000ポンド(約2392万円)の資金を集めている。 Boxxの紹介ビデオ(出典:Kickstarter) Share this news on your Fb,Twitter and…

Read More »

Japan is backing oil and gas even after COP26 climate talks

It’s been less than a month since world leaders pledged to combat climate change at the COP26 summit in Glasgow,…

Read More »

Survey reveals most Japanese workers want to work from home at least twice per week

Younger and older workers did have different ideas of what the ideal number is, though.  Last year in the height…

Read More »

YE DIGITALと西鉄エム・テック、全国6カ所でスマートバス停の実証実験–電子ペーパー採用、猫の写真でビジネスモデル検証

 YE DIGITALと西鉄エム・テックは11月30日、全国6カ所でスマートバス停の実証実験を開始すると発表した。  期間は2021年12月1日からおよそ3カ月程度。乗車客の利便性向上の検証に加え、コロナ禍でのダイヤ改正に伴い増加した、バス停管理業務の負担軽減を狙う。  参加する全国のバス事業者および設置場所は、伊予鉄バス(四国地区)の「松山市駅20番乗り場」、大分交通(九州地区)の「杵築インター」、成田空港交通(関東地区)の「さくらの山」、阪急バス(関西地区)の「岡上の町二丁目」、みやま市(九州地区)の「ルフラン」の5カ所の停留所と、松戸新京成バス(関東地区)の松戸営業所内の6カ所で、同時に実施する。  スマートバス停では、デジタルサイネージにバスの運行時刻表や運行系統図を表示できるほか、告知文や広告などを遠隔で更新、表示できる。  動画などの豊富な情報配信が可能なモデルや、ソーラーパネルを使用し、情報量を絞ることで消費電力を抑えたエコなモデル、乾電池駆動で電源供給なしで稼働できる「楽々モデル」など、さまざまなタイプをラインナップする。  今回の実証実験では、国内に50万基以上あるといわれる路線バスのバス停のうち、約80%には電源が供給されていないことから、電源やネットワークの配線が不要で、電源供給が難しい場所でも設置が容易な楽々モデルを採用した。  13.3インチの電子ペーパーを採用することで、省エネと視認性の両立を実現し、既存ポールや壁面に専用金具で取り付けるだけの簡易性が特徴。  さらに、産業経済新聞社が提供するコンテンツと、YONDEが提供するQRコードサイトと連携したビジネスモデルの検証も実施する。  具体的には、QRコードサイトより、「猫どころカレンダー2021」の猫写真がダウンロードできる。掲載写真は約1週間ごとに変更になり、終了予定の2022年2月末までに計13枚の猫写真コンテンツを用意するという。そのダウンロードによって得られたデータからQRコードを用いた認知効果を分析。バス事業者による新たなビジネスモデル構築の検証を行う。  両社は、DX推進とスマートバス停の導入事例を積み重ねることで、乗車客の利便性向上と公共交通ネットワークの維持発展に貢献していくという。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File…

Read More »

World’s first NFT of a Japanese novel with English translation hopes to provide profitable opportunity for translators

In this a first ever NFT (non-fungible token) novel project, Japanese science fiction author Miyuki Ono’s popular novel “Pure” (…

Read More »
Back to top button
Close