Japan

Tokyo Olympic head says Bach visit to Japan now unlikely

The president of the Tokyo Olympic organizing committee said Friday that a visit to Japan this month by IOC President…

Read More »

Tokyo confirms 907 new COVID-19 cases Friday as Osaka logs 50 deaths

Tokyo confirmed 907 new cases of COVID-19 and Osaka Prefecture reported 1,005 on Friday as the government prepared to extend…

Read More »

Man who ‘couldn’t die’ leads police to corpse of missing girl in Tamba

HYOGO (TR) – The corpse of a missing girl was found in Tamba City after a man said told police…

Read More »

The results are in! One Piece World Top 100 characters chosen in global poll

The world has spoken and the best pirates were chosen. Last January Shueisha, publisher of the manga behemoth One Piece,…

Read More »

SIE、チャットアプリ「Discord」と提携–プレイステーションゲーム機に対応へ

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は5月4日、コミュニケーションサービス「Discord」とパートナーシップを締結したと発表。2022年前半に、プレイステーションのコンソールとモバイル上において、Discordが利用できる機会を提供するという。  Discordは、米国を拠点にゲームを中心としたソーシャルメディアから発展したチャットアプリで、ビデオ通話や音声通話なども可能。PCやモバイル向けに提供されている。3月には、Microsoftが100億ドル(約1兆1000億円)超でDiscordを買収する交渉が進められている可能性があると報じられて話題にもなっていた。  SIEの公式ブログにおけるソニー・インタラクティブエンタテインメント 社長 兼 CEOのジム・ライアン氏名義での投稿によれば、「私たちの目標は、2022年の前半にはコンソールとモバイル上におけるDiscordとプレイステーションの体験の親和性を高め、ユーザーの皆さんが、ゲームプレイ中に友人やグループ、コミュニティと、より簡単で楽しく交流できる機会を提供すること」とコメント。パートナーシップの締結にあたり、SIEはDiscordに対してシリーズHラウンドに、マイノリティ出資したことを、あわせて公表した。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source

Read More »

Record number of seriously ill COVID-19 patients as variants rage across Japan

Japan has 1,084 COVID-19 patients with severe symptoms, the health ministry said Monday, hitting an all-time high for the second…

Read More »

We test out Daiso’s new sleeping bag to see if it can provide the ultimate comfort

Who needs high-end gear when you can go to a 100 yen store? If you’re an avid reader of SoraNews24,…

Read More »

Wakayama playboy planned to divorce wife before murder

WAKAYAMA (TR) – A wealthy man in Tanabe City planned to divorce his 25-year-old wife prior to his murder three…

Read More »

Bリーグ川崎、ブロックチェーン技術を活用した「PICKFIVE」–活躍する選手を予想

 プロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」を運営するDeNA川崎ブレイブサンダースは、ブロックチェーン技術を用いて開発したカードゲーム「PICKFIVE(ピックファイブ)」の試験提供を、4月27日から開始している。  PICKFIVEは、試合開始までに所有する選手のデジタルカードから活躍が予想される選手のカードを5枚選び、実際の試合のスタッツが反映されたあとのスコアで利用者間の順位を競うカードゲーム。ゲームにおける利用者のデジタルカードの所有に関しては、LINEがLINE TECH PLUS PTE. LTD.を通じて提供する「LINE Blockchain」のNFT(Non-fungible token、非代替性トークン)を利用したもの。「LINE BITMAX Wallet」を使った利用者間でのカードのトレーディングが可能となっている。開発は川崎ブレイブサンダースならびに、運営母体であるディー・エヌ・エー(DeNA)が担当したという。試験提供時はスマートフォンのブラウザ上で利用できる。  試験提供の開始にあわせて、会員登録ならびに、ゲーム内で使用できるデジタルカードの配布と選手5人の予想の受付を開始。5月1日と2日に行われるB.LEAGUE 2020-21 SEASON ホーム最終節となるサンロッカーズ渋谷戦と連動した無料体験イベントを開催する。登録者に対して無料でカードを配布し、そのうちの5枚を使用して利用者自身の考えたベストメンバーをデッキとして編成。ゲームに参加することが可能となる。  試合後に実際の試合の各種スタッツが反映され、上位にランクした利用者には選手のサイン入りグッズをプレゼント。試験提供で配布したカードは、ブロックチェーン技術を用いて登録者の所有物となり、現在検討を進めている他のサービスでの利用や、本ゲームの正式提供が決定した際には、継続して利用可能とする予定という。 「PICKFIVE(ピックファイブ)」について Share this news on…

Read More »

Summer bonuses at Japan firms to fall 1%-3% on year due to coronavirus

Bonuses at Japanese companies are expected to fall this summer by around 1% to 3% from a year earlier due…

Read More »
Back to top button
Close